大手の消費者金融なら、土日も審査をしてくれるので最短即日融資のキャッシングも可能です。

消費者金融の即日融資で借りる

即日融資で借りられる

消費者金融のキャッシングの魅力は、何と言っても借り入れまでのスピードでしょう。大手の借り入れ先なら申し込み当日に即日融資も可能となり、すぐに借りたい状況でも消費者金融のキャッシングなら対応も可能となります。店舗や契約機に行かない来店不要の振り込みによる即日キャッシングも利用出来るため、周りに見られない借り方をしたい方でも安心です。

審査も平日だけでなく土曜や日曜も行っており、ネットで申し込みは24時間受け付けています。審査回答も早いところで最短30分ですので、すぐに審査結果が知り、素早く手続きが進められるのも消費者金融の良い点でしょう。

即日融資で借りるために

消費者金融から即日融資でキャッシングを利用するためには、各サービスが定めている当日中の取り扱い可能時間内に手続きを終えなければなりません。銀行振り込みによる来店不要の即日融資の場合には時間の制限が厳しくなり、契約機を利用するのであれば時間に余裕が持てますので、どの方法で借りるかを考えておくと良いでしょう。

一つの例として、最短1時間融資で対応の大手キャッシングサービス「プロミス」の即日融資条件を以下に挙げておきますので、申し込みの際の目安として下さい。

  • 来店不要の銀行振り込みの場合

Web上での契約を平日14時までに完了させ、振り込み手続きを終える必要があります。土日や祝祭日などの銀行休業日や、平日14時以降の手続きは、翌営業日の取り扱いとなります。

  • 契約機でカードを受け取る方法

全国各地に設置がされているプロミスの契約機を使い、その場でカードを受け取る方法なら、平日も土日も曜日を問わずに営業時間内なら対応可能です。夜でも時間内ならOKです。

プロミスの契約機を使う際には、先にネットで審査を受けておくと良いです。契約機の営業時間よりも先に審査回答を締め切ってしまうため、遅い時間の契約機からの申し込みとなると、その日のうちの審査が受けられない可能性があるのです。詳しくはプロミス審査の鉄則|これだけは肝に銘じておきたいを見ておくと良いでしょう。

プロミスの即日融資は、他にも「瞬フリ」を使う方法もあります。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を22時までに登録すれば、曜日や時間を問わずに24時間最短10秒で銀行振り込みによる即日キャッシングも可能となります。詳しい情報はプロミス公式サイトでご確認下さい。

即日融資対応の消費者金融比較

プロミス以外にも即日融資に対応する消費者金融は数多くありますので、それぞれの借り入れ先をしっかりと比較しておくと良いです。目的や用途、希望に合わせて借りられる消費者金融を見付けるためにも、いくつものキャッシングの比較はしておくべきなのです。

利用先 実質年率 限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 1,000円~500万円 最短30分
アコム 4.7%~18.0% 1~500万円 最短30分
モビット 4.8%~18.0% 1~500万円 10秒事前審査

モビットの即日融資のためには、14:50までに振り込みキャッシングの手続きを完了させる必要があります。審査の内容や結果によっては希望通りの融資が受けられない可能性もありますので、詳しくはモビット公式サイトでご確認下さい。また、その他のモビットに関する詳細情報は、こちらのモビットは土日も審査可能でご確認下さい。

  • 消費者金融の金利を比較するなら

即日融資対応の消費者金融の金利を見ると、上限と下限で大きな開きがあるため、実際に借りる際にはどの程度の金利が適用されるのかが分かりづらいです。返済の計画を立てる上でも金利が分からないと難しいので、借りる前に考える借り入れ金利は、基本として上限で考えておきましょう。プロミスなら17.8%、アイフルやアコムなら18.0%で考えておくと、より現実的な返済計画が立てられます。

いくらまで借りられますか?
500万円借りられる?
消費者金融で初回契約時の限度額は、せいぜい30万円も出れば上出来と考えるべきです。多くの方は20万円程度の限度額設定となりますので、初回でいきなり消費者金融から500万円を借りるのは、正直なところは不可能と言えるでしょう。

即日融資で消費者金融から借りる場合には、50万円以下の限度額が基本となります。多くの利用先で50万円以上の枠は慎重審査としていることもあり、50万円を超える限度額設定では即日融資に対応をしない場合が多いのです。

緊急で必要なお金、すぐに借りたいキャッシングなら50万円以上もの借り入れは不要な状況があほとんどでもありますので、初回契約時の希望限度額については、あまり多くはしない方が良いでしょう。

消費者金融で契約後の注意点

消費者金融の契約を来店不要のWeb手続きとした際には、後日の郵送物には注意が必要となります。契約機でその場でカードや契約書類を受け取るなら問題はありませんが、来店不要のWeb契約の場合には、後日に自宅宛にカードが郵送されることになります。

消費者金融側もプライバシーは守ってくれるので、封筒には例えば「プロミス」や「アコム」などとは書かないようにしていますが、いきなり本人限定受取郵便で封筒が届くと、同居をしている家族の方がいる場合には不審に思われてしまうかもしれません。

本人にしか受け取れないので中身は見られませんが、不安に感じる方は「郵便局留め」によるカードの受け取りが出来ないかどうかを、利用先の消費者金融に聞いてみると良いでしょう。大手の借り入れ先なら対応をしてくれる場合も多いので、局留めなら後日に郵便局まで取りに行けば良いため、家族にも知られずにカードが受け取れるのです。

  • アイフルならカードの受け取りも安心

大手消費者金融のアイフルでは、Web契約後のカード配達時間を指定が出来る「配達時間えらべーる」のサービスがあります。分単位で指定が出来るわけではありませんが、配達時間帯の指定が出来るため、家族が家にいない時間を指定する、または指定時間帯の郵送物は全て自分で受け取るようにすれば、家族バレも防げるようになります。

即日融資も計画的に使いたい

申し込みから借り入れまで最短即日の消費者金融の多くも、キャッシング利用はあくまで計画的に行いたいものです。借りられるからと限度額いっぱいまで借りると返済がきつくなり、利息の負担ばかりで返済が思うように進まなくなる可能性もあります。

すぐに借りられる便利な即日融資も、常に返済を第一に考えて借りるようにし、余裕のある支払い計画の下でキャッシングを利用していかなければなりません。各消費者金融ともウェブサイト上で返済のシミュレーションが出来るようにもなっていますので、借り入れ前に見ておき、簡単なものでも良いので返済計画を立てておくと良いでしょう。

トップへ戻る