大手の消費者金融なら、土日も審査をしてくれるので最短即日融資のキャッシングも可能です。

借りたお金と月々の返済額の関係

消費者金融の多くでは、限度額ではなく借りている金額に対して返済額が決まるようになっています。限度額が100万円や200万円であっても、利用している借り入れ残高が5万円や10万円であれば、月々の返済額も小さく済むのです。

消費者金融以外の金融機関で借りる場合には、一部では限度額によって返済額が決まる契約内容となっているところもあります。地銀や信金のカードローンで見られる返済方式であり、借りている金額は少なくても限度額が大きいと、一月あたりの返済負担が増えてしまうのです。

必要な分だけ借りれば安心

一般的に金利が高いとされる消費者金融は、実際に銀行のカードローンに比べれば上限金利で数パーセントは高い水準となってします。しかし、上にも書いたように借り入れ金額によって返済額が変わるため、必ずしも金利が高い = 返済金額も大きいとは限らないのです。

もちろん「率」で見れば負担が大きいのは事実ですが、例えば10万円をプロミスから借りたとすれば、月々の返済は4,000円からです。限度額が100万円でも10万円までの借り入れなら4,000円からの返済で良いため、少しのキャッシング利用に留めれば月々の支払い金額は軽いのです。

返済額は利用先でよく確認

消費者金融の返済金額は、利用先によって異なります。それぞれがいくらの借り入れでいくらの返済かを決めているため、詳しい内容については各消費者金融のウェブサイトで確認をするのが良いでしょう。

返済金額を確認した上で、余裕を持って支払えるかどうかを判断し、自分はいくらまで借りるべきなのか、いくらまでのキャッシング利用なら問題が無いのかをよく見ておくべきなのです。

トップへ戻る