大手の消費者金融なら、土日も審査をしてくれるので最短即日融資のキャッシングも可能です。

消費者金融の審査に落ちてしまう状況

昔の審査ならまだしも、現在の消費者金融の審査基準はそれなりにしっかりとしたものとなっています。貸金業法で定める総量規制の範囲内での貸付とするため、年収の3分の1を超えていないかを確認するのはもちろん、信用情報機関の利用も義務付けているため、何らかのネガティブ情報がある方は審査の通過も難しくなります。

適当な申し込みで通るほど簡単なものではなくなっている消費者金融の審査では、NGとなる典型的な例も存在します。知らずに申し込みをすると審査落ちの典型にハマる可能性がありますので、よく確認をしておきましょう。

多重申し込みの審査落ち

現在でもまだ多い審査落ちの理由の一つに、多重申し込みがあります。何社もの消費者金融に同時に審査を受け、一つぐらいは通るだろうと考える申し込み方法です。審査の時間は最短でも30分となるため、多くの消費者金融に同時に申し込みをすれば待ち時間も全てまとめられるため、一見すると効率的な審査の受け方に思えます。

たしかに申し込みの仕方としては効率的ではあるのですが、審査に通るかとなるとまた別の話です。いくら効率的に申し込みをしても審査に通らないと意味が無く、今では多くの消費者金融で多重申し込みは嫌う傾向にあるため、複数の同時申し込みは、全ての審査に落ちる原因となるのです。

同じように一つで審査に落ちたからとすぐに別の消費者金融に申し込みをするのも、やはり審査では大きく不利になってしまいますので、十分に気をつけておきましょう。

返済が遅れている方の審査

他社の返済金を調達するために申し込みをする方がいます。是非は別として、利用目的に反しているわけではないので審査結果次第では借りられる可能性はありますが、返済が遅れてしまっている、不足の入金となってしまっている場合にはまず審査には通りません。

どの消費者金融でも現在の返済が出来ていない方には基本的に貸付は行わないため、返済が遅れたり不足入金となっている方は、解消をしてから申し込みをするようにしましょう。

トップへ戻る